屋根のメンテナンスを教えて!リフォームの屋根カバー工法とは?

2019年2月22日
ペイント市場 屋根リフォーム情報
屋根のメンテナンスを教えて!リフォームの屋根カバー工法とは?

屋根リフォームのメンテナンスは屋根の塗り替えもありますが、カバー工法というものもあります。カバー工法は有効な屋根のリフォーム手段の一つで、屋根の上に新しい屋根をかけるというリフォームです。これにより、傷んでいた屋根が新しい屋根によってリフォームされるというのがカバー工法の特徴です。今回この屋根のリフォーム手段の一つであるカバー工法についてメリットやデメリット、カバー工法と他の工法との違いにも触れながらお話ししていきます。

リフォームの屋根カバー工法とは

リフォームの屋根カバー工法とは冒頭でも触れましたが、屋根の上に軽い金属屋根で覆う工事です。屋根を覆うリフォームであることから、カバー工法と呼ばれています。屋根重ね葺き(カバー工法の和名)とも呼ばれており、屋根のリフォーム、特にコロニアルというスレート(セメントを固めて塗装した板)の一種に有効なリフォームです。当初スレートは30年持つといわれていましたが、過酷な環境下でそれよりも早く劣化するものが出てきたためそれをリフォームするために屋根カバー工法が広がったという背景がある位相性の良い屋根リフォームです。

このカバー工法は金属板で屋根を覆うリフォーム方法なのですが、その金属板で特に人気があるのが成型ガルバ(成型ガルバリウム鋼板屋根)です。この成型ガルバは多くの住宅の屋根リフォームで活躍しています。

屋根カバー工法のリフォームのメリット

屋根カバー工法のリフォームのメリットはコスト、機能の付与、そして工事期間の短さです。コストに関しては外壁のリフォームの場合と同じく古い屋根を撤去しない分産廃の処分料などのお金がかからずその分依頼する方の支払金額が安くなります。カバー工法は屋根を丸ごと交換する葺き替えよりもコストの面で有利なのです。

リフォームによる機能性の付与もカバー工法の大きなメリットです。このメリットが屋根のリフォームのカバー工法最大のメリットと挙げる方もいます。具体的なものとして断熱性、遮音性の向上、加えて雨や雪から屋根や家屋を守る防水性の向上と言ったものがカバー工法を行うことによって屋根の機能に付与されます。工事期間、工期の短さも屋根のカバー工法のメリットです。屋根の葺き替えに比べ屋根の撤去作業がない分短い工期で行えるリフォームという特徴もカバー工法のメリットとして挙げることができるのです。

屋根カバー工法のリフォームのデメリット

屋根カバー工法のリフォームのデメリット

屋根カバー工法のリフォームのデメリットも残念ながら存在します。それは耐震性の低下、修理が必要になった時のコストです。屋根のカバー工法によるリフォームを行ったのになぜ耐震性が弱くなるのかというと屋根の重要がネックになります。カバー工法のリフォームによって屋根を軽い金属板で重ね葺きするのですが、例えどんなに軽い金属を使用していても屋根の重量増は免れません。つまり、カバー工法のリフォームは屋根の重量増を招き、地震が起こった際の建物への負荷が強くなります。そうなると建物へのダメージが大きくなり、耐震性の低下の影響が出やすくなります。そういった欠点に対しては外壁のカバー工法などを併用することである程度軽減されることが期待できます。

屋根の修理が必要になったときのコストもデメリットです。カバー工法でリフォームした屋根が万が一破損したり、あるいは経年劣化で傷んだ場合の修理は、カバー工法ではなく葺き替えになります。
そうなるとカバーした金属板の除去と屋根の除去の二重の費用がかかり、再度リフォームする際かなりコストがアップするというデメリットがあります。

リフォームによる屋根塗装とカバー工法の違い

屋根のリフォームには屋根塗装もあります。この屋根塗装とカバー工法の違いについてもお話しします。屋根塗装は文字通り屋根の塗装のことでリフォームにかかるコストがカバー工法に比べて安いものの日照時間によって工期が変化したり、雨漏りなどの根本的なトラブルを解決できないという点があります。その代わり屋根の重量増などはほとんどないため耐震性に変化はありませんが、遮熱性や防水性はある程度期待できるもののカバー工法にみられるような遮音性に関しては期待できませんし、最初に挙げた屋根のリフォームによる遮熱性や遮音性に関してもカバー工法が勝ります。

このように同じリフォームであっても屋根塗装とカバー工法ではそれぞれ特徴があります。なので、リフォームを検討する場合はそれぞれのメリットやデメリットを吟味したうえで施工してもらいましょう。

リフォームによる屋根カバー工法と葺き替えの違い

リフォームによる屋根カバー工法と葺き替えの違いについてもお話しします。葺き替えは文字通り屋根を撤去して新たに屋根を葺く屋根のリフォームの最終手段です。カバー工法と異なり、屋根そのものを交換する工事なので、耐震性を失うことなく、文字通り屋根が新品になる工事です。ただし、大規模な工事になるためしばらく2階が使えなかったり、コストも古い屋根の処分料や新規の屋根の張替えによる工事費などで全ての屋根リフォームの中で最もコストのかかるリフォーム方法となり、当然カバー工法よりも高額な工事費となります。

カバー工法に比べ、古い屋根が根本的にリフレッシュされますが、建物自体の修復も必要になる場合もあり、リフォームを超えた工事になることもあり得えます。ただ、カバー工法よりもあらゆる問題点が解決されるメリットも大きいですから十分相談したうえで行うのが望ましいです。

まとめ

屋根のリフォームであるカバー工法についてお話ししました。同じ屋根リフォームである屋根塗装と葺き替えとこのカバー工法の比較では、それぞれメリットデメリットがあるため、現在住んでいる家の屋根のコンディションやいつごろまで住むといったリフォームの長期的な計画を考えながら、カバー工法を検討してみてはいかがでしょうか。もちろんカバー工法以外のリフォーム方法もメリットがありますから、それらの点を見ながら、カバー工法を含めた最適の屋根リフォームを見つけ出すことをおすすめします。

横浜・川崎市の外壁・屋根のリフォーム実績1万件!業界最安値にも挑戦中!

横浜・川崎市密着のペイント市場では、戸建の外壁・屋根のリフォーム相談会を行なっております。是非、お気軽のご相談下さいませ。一級建築士を含む経験豊富なスタッフが丁寧にご対応致します。

リフォームのお問い合わせ

関連記事