屋根のリフォームすると夏の室内が快適に?屋根の遮熱効果って?

2019年2月28日
ペイント市場 屋根リフォーム情報
屋根のリフォームすると夏が快適?遮熱効果って?

家屋のリフォームは多くのメリットや新たな機能が得られるというのも魅力の一つです。例えば今回触れていく屋根リフォームもその一つです。屋根リフォームを行うと、単に美観が良くなったり家屋が丈夫になるというだけではなく、様々な機能が付与されます。遮熱効果もそれらの重要な要素の一つです。このリフォームによる遮熱効果により、屋根からくる熱による夏場の暑さが改善して快適な室内生活を手に入れることができるのです。今回、この屋根リフォームによる遮熱効果のメリットやデメリット、リフォームによる屋根の遮熱効果とは何かについて、屋根のリフォームによる遮熱効果の話題で説明していきます。

屋根のリフォームの遮熱効果とは

屋根リフォームを行うと遮熱効果が付与されると冒頭でお話ししました。しかし、遮熱効果とはどういった効果なのでしょうか。そのことについてまず触れていきます。リフォームによる屋根の遮熱効果とは文字通り屋根に熱を通しにくくする効果です。

具体的なリフォーム内容として遮熱効果のある塗料による塗装、遮熱効果のある屋根材の重ね葺き、葺き直しや遮熱効果のあるリフォーム用の屋根シートを敷くというものです。これらを行うと屋根の表面温度が約20℃下がり、その分2階などの最上階の気温が下がるのです。特に日差しの強い夏場に有効で、2階特有のモワッとした感覚が軽減され、エアコンの強度も少なくて済むというメリットがあります。外観のリフォームというと見かけだけというイメージですが、こういった室内の快適性も手に入れることができるのです。

耐用年数が長い

室内の快適性についてお話ししましたが、屋根のリフォームを行うと遮熱効果により耐用年数も上がるということです。屋根は様々な環境の影響を受けて徐々に劣化し傷んでいきリフォームの必要性が出てきます。リフォームに至る原因で風雨はもちろん太陽などの熱もそれに含まれるのです。熱を受け続けると遮熱効果の弱い屋根は高温になり材質変化で傷みが進行し、リフォームを行う必要が出てきます。しかし遮熱効果がしっかりしたものであれば、その遮熱効果によって屋根材自身が熱を抱え込んで劣化するということが軽減されるのです。劣化のスピードが遅くなれば屋根のリフォームの間隔も長くなり、結果的に耐用年数も上がっていくというメリットが得られます。

また、塗装や新しい屋根材による重ね葺きなどで強度が増しますから、遮熱効果以外にも物理的に屋根が強くなり、結果として耐用年数も伸びていくのです。

家計に優しい節電効果

屋根のリフォームの遮熱効果のメリット:節電効果

屋根のリフォームの遮熱効果は節電効果ももたらします。屋根のリフォームと遮熱効果そして節電と直接関係なさそうなイメージですが、実は遮熱効果と節電は大きな関係があります。屋根を塗装したり、重ね葺きするなどしてリフォームすると遮熱効果が付与されます。そうなると室内の気温が下がり、消費電力の大きいエアコンなども少ない電力で動くことができ、結果として屋根のリフォームによる遮熱効果で節電効果も得られます。室内の気温上昇も屋根の遮熱効果で押さえられますから、そういった面でも節電が期待できます。

また間接的ですが、1階の気温もある程度下がるため冷蔵庫も無理な運転を行わなくなりますから、そういった点でも屋根のリフォームによる節電効果が期待できるのです。

ヒートアイランド現象の抑制

屋根のリフォームによる遮熱効果は、自宅だけにメリットがあるのではありません。周囲の環境にもメリットがあるのです。ヒートアイランド現象とは横浜のような都市部で気温が高くなる現象です。原因としてはエアコンなどの排熱量の増加や屋根を始めとした建物の熱を消費する力が水田や森林に比べて低いため、エアコンや建物の多い都市部の気温が高くなるのです。

ですが、屋根のリフォームによる遮熱効果により、熱の消費(熱を発散する力)を高めたり、遮熱効果はエアコンも排熱量を下げます。1軒のリフォームではわずかなヒートアイランドの抑制ですが、そういった意識を多くの方が持ち屋根のリフォームを積極的に行うことができれば、その遮熱効果によって排熱の抑制や熱の消費が起こり、都市全体に効果を及ぼします。屋根のリフォームの遮熱効果と言っても、そのリフォームを多くの家で行えば遮熱効果が高まり、結果としてヒートアイランド現象の抑制が期待できます。

遮熱対策の費用面

ヒートアイランド現象にも触れるなど話が大きくなりましたが、屋根のリフォームによる遮熱効果のメリットは沢山あります。しかし残念ながらデメリットもあります。それは屋根のリフォームの遮熱効果を期待するには相当の金額の予算が必要になります。その予算は塗装でも100万円近くなる場合もありますし、屋根の重ね葺きに至っては150万円を超えることも珍しくありません。

しかし、そういった点を見ても屋根のリフォームによる遮熱効果は十分実感できるものですし、屋根の外観の変化以上に遮熱効果をリフォームで実感できるはずです。場合によっては乗用車一台分の予算で屋根をリフォームすることによって、まるで違う家に住んでいるような遮熱効果を始めとした各種メリットを享受できるかもしれません。

まとめ

屋根のリフォームによる遮熱効果は節電や屋根の寿命の延長の他にその屋根の遮熱効果によってヒートアイランド現象の抑制も期待できます。家一軒の屋根のリフォームの遮熱効果だけでは十分な抑制は期待できませんが、屋根のリフォームの普及がすすめば遮熱効果も高まっていくことが期待できます。リフォームと言うと外観だけに目が行きがちですが、遮熱効果など他のリフォーム効果も期待できますから、施工にやや費用がかかりますが、その対費用効果は十分感じられるはずです。

横浜・川崎市の外壁・屋根のリフォーム実績1万件!業界最安値にも挑戦中!

横浜・川崎市密着のペイント市場では、戸建の外壁・屋根のリフォーム相談会を行なっております。是非、お気軽のご相談下さいませ。一級建築士を含む経験豊富なスタッフが丁寧にご対応致します。

リフォームのお問い合わせ

関連記事