定期的なメンテナンスが大事!屋根塗装の必要性とは?

2019年4月25日
ペイント市場 屋根リフォーム情報
定期的なメンテナンスが大事!屋根塗装の必要性とは

屋根塗装を考えるうえで必要なことは定期的なメンテナンスと計画性です。屋根の塗装はついおざなりになりがちですが、家の強度や美観を保つうえで非常に重要なものなので、定期的なメンテナンスが必要になります。また屋根はあずまやなどを見てもらえばわかる通り、壁はなくとも雨を防ぐ重要な役割を持った場所でもあります。そんな屋根を塗装するということは家屋の機能を保つうえで必要性が高いと言えるのではないでしょうか。そんな屋根塗装の必要性についてお話ししていきます。

屋根塗装は家屋の補修や更新で必要

屋根塗装は家屋の補修や修繕と言った建物の新陳代謝において非常に必要性の高い工事です。冒頭でもお話ししましたが、屋根は家屋の重要な部分の一つです。屋根が建物の傘のような役割になるため紫外線や風雨はもちろん台風や冷気、熱気、ホコリ時に雹(ひょう)といった様々な外敵要因から外壁はもちろん室内や電気設備を守るために必要な部分です。

そんな屋根を保護しているのが塗装です。塗装が傷んでしまうと屋根に必要とされる家屋を守る機能が失われ、屋根以外の場所の修理が必要となります。そういった意味で屋根の機能を保つという目的においても屋根の塗装は必要と言えます。屋根の塗装を行えば機能の回復とともに屋根自体の必要箇所の補修や棟板金のようなスレートを固定する金具の更新も同時に行うことができるため、ただ必要と考えるよりも場合によっては機能の向上すら期待できます。

この屋根は塗装が必要?屋根の種類ごとにご紹介

屋根塗装が必要な理由についてお話ししてきましたが、屋根塗装が必要な屋根、不要な屋根も実は存在します。必要なものとしては化粧スレート(コロニアルやカラーベスト)、セメント瓦、ガルバリウム、トタンです。化粧スレートとはセメントを加工した非常に薄い瓦のことで現在主流になりつつある種類です。色も様々なものがあり、美観を保つという意味でも塗装は必要です。セメント瓦はスレートと近いのですが、セメント分が多く、いわゆる瓦のような形をしているものになります。こちらもスレート同様に塗装が必要な屋根材になります。

ガリバリウムはアルミニウム・亜鉛合金めっき鋼板という鋼材と軽金属を組み合わせた金属系の屋根材です。これも屋根材を保護する意味で塗装が必要です。トタンは軽金属をほとんど含まない亜鉛合金めっき鋼板になります。これも塗装が必要です。

反対に不要な屋根材は和瓦、洋瓦、天然スレートと言った従来ある伝統的な屋根材に多く見られます。このように必要なもの、不要なものを分けて考える必要があるのです。

屋根塗装が必要なサイン!劣化の見分け方

屋根塗装が必要なサイン!劣化の見分け方

屋根塗装が必要か判断するのは最終的に専門家の検査結果にゆだねられますが、一般の方でもできる必要と感じる大まかな劣化の見分け方があります。それは色の変化や汚れ、破損です。

色の変化は屋根の塗装に艶がなくなってきたり、チョーキングと呼ばれる粉が吹きはじめた状態になったら塗装の必要性が高いので屋根塗装の業者に依頼することをおすすめします。また汚れとしてはコケや雑草、あるいはカビと言ったものが出てきた場合です。こうなると塗装の機能が失われているサインですから、早急に屋根塗装の業者さんに調査を依頼する必要があります。破損やスレートのヒビが見られた場合も塗装が必要ですが、補修の手配が必要なのですぐに屋根塗装の業者に補修を含めた屋根塗装の調査を依頼する必要があります。

必要と判断したら屋根塗装の時期を見極めよう

色あせや汚れ、破損と言った屋根の塗装を行う必要が高い状態であると判断したら、あるいは必要性を屋根塗装業者に指摘されたら、次は屋根塗装の時期を決める必要があります。

お勧めしたい時期としては7月、9月~12月、3月や4月です。これは極端に暑い時期や寒い時期、雨の多い時期を避けたものになります。極端に暑いと塗装の塗料の乾きが通常の時期よりも異なるのため作業がしにくいのはもちろん、屋根の反射により非常に高温となるため屋根塗装を行う職人の体力が消耗し、作業に支障が出る恐れがあります。こまめな水分補給も必要となりますから、作業の進み方もゆっくりしたものになります。

同様に寒い時期もおすすめできません。積雪のあるエリアでは塗装自体も困難ですし、職人の安全性を確保する必要もあることから凍結などがあっても作業はできません。その結果長引いたり十分な塗装が行えないなど支障が出る可能性があります。雨も同様に屋根塗装に悪影響与えます。このように屋根塗装に適さない時期を避けるのは重要です。

塗装は必要だけど・・・屋根塗装を放置してしまったら

屋根の塗装の必要性を感じていたり、屋根塗装が必要と指摘されていても放置してしまった場合はどうなるでしょうか。答えは屋根の破損が進行し、家屋全体が外的環境によって傷つけられます。塗装は屋根を守るバリアのようなものですから、バリアがなくなれば屋根材が直接風雪に耐える必要が出てきます。そうなると徐々に屋根材は破損し、ヒビや欠けができると直接室内に雨水や雪水が流れ込みます。そうなると雨漏りを起こしますし、天井の破損や電気設備の損傷を起こします。

そうなると屋根塗装だけで済んでいたはずの家屋が家全体の補修工事が必要となり、かえって費用がかさんでしまうのです。そうならないためにも早めに屋根塗装を検討し、家屋を守る必要があると言えます。早めに塗装を行えば外観も美しく保てますし、家の機能も維持あるいは塗料の種類によっては遮熱性と言った機能において向上が期待できるのです。

いきなり屋根塗装が必要とならないように!スケジュール作成

いきなり屋根塗装が必要とならないように!スケジュール作成

屋根塗装は費用がどうしてもかかってしまいます。そのため計画的に屋根塗装の大まかな時期を決めておく必要があります。そのコツとしては大まかな屋根塗装のサイクルを知ることです。例えばスレート(コロニアルなど)や金属系(ガリバリウムやトタンなど)の屋根材の場合、10年に1度程度のサイクルで屋根塗装することによって、屋根本体を長持ちさせることができます。

このような屋根塗装の定期的なメンテナンスを怠ってしまうと、30年に1度の葺き替えで済んだものが、最悪10~15年で葺き替えが必要となる場合すらあります。この他塗料によっても屋根塗装が必要なサイクルは変わってくるので、どの時期に屋根塗装が必要になるかをキチンと把握し、長期的な視点で屋根塗装のスケジューリングを行う必要があります。もし迷ったら専門業者に依頼し、今必要かどうかの判断をしてもらうことも重要です。

屋根塗装を必要と感じたら~業者の探し方~

屋根塗装を必要と感じたものの屋根の塗装業者を知らなかったために非常に苦労することがあります。そんなときに必要になるのが屋根塗装業者の探し方です。

屋根塗装業者の探し方として、知り合いの紹介やネット、一括見積サイトの利用があります。知り合いの紹介があれば簡単に、そして安心して任せられる屋根塗装業者にお願いすることができます。ネットで探す場合は実績を見るのはもちろん、地元の業者に頼むという方法もおすすめです。地元であれば気候を良く知っていますし、下手な作業をすると屋根塗装業者としての信用を失ってしまうので、一生懸命やってくれます。

とにかく予算を少なくしたいという場合は屋根塗装業者の一括見積もりを依頼するという方法もあります。このように様々な手段があり、依頼方法ごとに特徴を知っておく必要がありますが、いずれの場合もメリットやデメリットがあるためそれを理解した上で依頼する必要があります。

屋根塗装を良く知って必要な時期に必要な塗装を!

屋根塗装が必要と感じるためにはこれまで話してきたように屋根の色あせや汚れ、破損と言ったサインを知る必要や自分の条件に合った業者の探し方、それに適した時期を知る必要があります。

これらを把握したうえで屋根塗装の必要な時期に、最適な業者選びで選んだ屋根塗装業者の施工を受けることで、ベストな屋根塗装を受けることができるのではないでしょうか。また塗装の種類によっては遮熱効果や断熱性と言った付加機能をつけることができるため従来よりも屋根の機能を向上させることも期待できます。

必要な知識や方法を多少知る必要がありますが、少しの勉強をするだけで屋根の塗装の成果は大きく変わってきます。重要なことは屋根塗装について知識を持ち、必要な時期に必要な塗装を心がけましょう。

まとめ

屋根塗装をする必要があるのか検討するということは非常に重要なことです。具体的にはまず屋根塗装が必要な屋根材なのかということを把握し、更に屋根材の状態を見て屋根塗装業者に調査を依頼した方が良いか判断する必要もあります。さらにどんな屋根塗装用の塗料が必要で、業者をどのように選べばいいかといったことも重要です。屋根を塗装するということは家全体を守るという意味でも必要な工事の一つですから、きちんと知識をつけて適切な時期に屋根塗装をスケジュールするのが理想的です。

横浜・川崎市の外壁・屋根のリフォーム実績1万件!業界最安値にも挑戦中!

横浜・川崎市密着のペイント市場では、戸建の外壁・屋根のリフォーム相談会を行なっております。是非、お気軽のご相談下さいませ。一級建築士を含む経験豊富なスタッフが丁寧にご対応致します。

リフォームのお問い合わせ

関連記事