外壁の塗装って本当に必要なの?知って得する外壁塗装の必要性

2019年3月22日
ペイント市場 外壁リフォーム情報
外壁の塗装って本当に必要なの?知って得する外壁塗装の必要性

外壁塗装というと必要性を疑問視する方がいらっしゃいます。一見外壁に塗装を施すだけで必要性がないように思えますが、実は美観の改善の身なら機能性の回復という大きな特徴を持っているのです。それ以外にもいくつかの目的があり、それを達成するだけでも十分外壁塗装を行う必要性があるのです。今回はこの外壁塗装の必要性と題してなぜ外壁に塗装を行う必要性があるのかについてメリットなどにも触れながらお話ししていきます。

外壁塗装の必要性って何?

外壁塗装の必要性を考えた場合、一番重要なのが外壁を塗装することによって寿命を延ばすという必要性です。外壁には耐用年数があり、それを超えると塗料が剥がれそこから雨水などが侵入し、外壁はおろか家自体の寿命を短くさせてしまいます。

そうならないためにも新たな塗装を行うことで未然に防ぐ必要性があるのです。基本的に木造でもモルタルでも塗装を行うことで初めて家屋の保護が得られていますから、どんなに頑丈な家でも塗装がはがれたまま放置すると家屋の損傷が進み、最悪補修工事を行うと外壁塗装を行う以上にコストがかかってしまうため、余計なコストをかけないという意味でも外壁に塗装をする必要性もあります。一見外壁に塗装することは美観以外に必要性がないと思われがちですが、家屋の保護や補修による余計な出費を防ぐという意味で十分必要性の高い工事と言えるのです。

必要性を感じる!外壁塗装で機能回復

美観以外にも外壁の塗装の必要性があるということをお話ししましたが、外壁の持つ機能性を塗装によって回復、あるいは向上させるという意味で十分必要性があります。

前の項目でも必要性の例としてお話した外壁の塗装による雨水などを防ぐ防水効果の回復はもちろん、塗装によっては遮熱効果も期待できる外壁塗料を塗装に用いることによって、外壁に今までなかった外気温に対する影響を減らすことも期待できます。つまり、室内の体感気温を暑い日はより涼しく、寒い日はより暖かく感じさせてくれる機能も得ることができるのです。温暖化が進んでいるという昨今、外気温に影響されにくい家づくりの必要性が高まっています。外壁塗装で劇的に変化するというわけではありませんが、機能回復に加えて暑さや寒さに強い外壁を塗装で作る必要性は十分あります。

外壁塗装の必要性は強度回復すること

外壁塗装の必要性は強度回復すること

美観や外気に左右されにくい機能の獲得以外にも外壁塗装の必要性はあります。それは強度を回復、向上させることです。外壁塗装は防水性の回復の必要性から行うだけでなく、更に強度を向上させるという側面もあります。これは想定している必要性以上の効果も得られるのです。

外壁塗装を行う際にただ塗料を塗るだけでなく、同時に補修など塗装以外の工事も行います。その際に下地の処理なども塗装前の準備工事で行うため、外壁の下地の処理によって強度が回復、あるいは施工方法によっては新築当時以上の強度向上をする部分もあります。外壁塗装をするための必要性から行う、補修や下地の処理ですが、実は外壁の強度を向上させるという実際の塗装の必要性以上の成果をももたらしてくれます。

機能や強度だけじゃない外壁塗装で美観回復する必要性

外壁塗装によって防水機能の獲得の必要性から行うという話からスタートし、期待している必要性以上の様々な効果が得られるということをお話してきましたが、やはり外壁塗装の必要性を一番感じるのは美観ではないでしょうか。外壁塗装を行って一番実感が強く得られるのは美観の回復です。

どんな方でも美観の回復の必要性というのは外壁塗装の目的の一つのはずです。外壁塗装に用いる塗料も最近様々な家のタイプが現れており、色に関しても多くの対応を迫られている必要性から、非常にレパートリーが豊かになっています。以前は職人の感性と腕によって近い色を調合するということが常に行われてきました(当然腕には限界があり、実際塗ってみるとやや色味が違ったということは珍しくありませんでした)が、現場での工数を減らすという必要性から塗料メーカーもビックリするほど多くの色を用意しています。塗装業者と相談しながら、好きな色を選んで自由に塗装できるというのも魅力的です。

外壁塗装の必要性を知るメリットって?

外壁塗装の必要性を知ることはメリットがあります。多くの方が美観の回復の必要性しか感じずに依頼を行うことがありますが、強度の回復や機能の回復、あるいは強度の向上や機能の付加と言ったことが外壁塗装で得られるということを知っている方は意外と少ないのです。

あらかじめ美観以外の効果を知っておくことで、より外壁塗装業者さんとコミュニケーションが取りやすくなりますし、外壁業者さんも破損しやすい箇所の保護目的の塗装の必要性を伝えやすくなり、お互いに依頼しやすい、作業しやすいという関係を作ることができます。これは実際の施工以上に必要性の高いことと言えます。依頼者が美観以外の外壁塗装の効果を知り、外壁塗装業者が補修などの必要性を説明しやすくなれば、より良い外壁塗装の施工ができるようになるというのが外壁塗装の必要性を知るメリットと言えます。

まとめ

外壁塗装の必要性というとつい美観のみに目が行きがちです。しかし外壁塗装を行うことで補修などの必要性がある個所を発見できたり、未然に外壁塗装でそういった場所を保護したりすることができます。これ以外にも外壁塗装は必要性に応じて遮熱作用が期待できる塗料を選択することができたり、下地処理で強度を上げたりするといったこともできます。必要性を感じる美観以外の効果が期待できるのです。このように外壁塗装の必要性を知ることは依頼者と業者のコミュニケーションを円滑にし、よりよい外壁塗装が可能となるメリットも得られます。

横浜・川崎市の外壁・屋根のリフォーム実績1万件!業界最安値にも挑戦中!

横浜・川崎市密着のペイント市場では、戸建の外壁・屋根のリフォーム相談会を行なっております。是非、お気軽のご相談下さいませ。一級建築士を含む経験豊富なスタッフが丁寧にご対応致します。

リフォームのお問い合わせ

関連記事