外壁の張替え時期を知るには?目安となる時期や状態の紹介

2019年6月20日
ペイント市場 外壁リフォーム情報
外壁の張替え時期を知るには?目安となる時期や状態の紹介

外壁も年数を経つと他の建材と同様に劣化してきます。そのため当然外壁の張替えの時期というのも存在するのです。しかしどの時期に外壁の張替えを検討し、最適な時期の目安はいつなのか、また外壁の張替えにはいくらかかるのかと言った疑問もあります。そういった外壁の張替え時期に関する疑問を解決するため、今回項目ごとにその説明を行います。これを読めば外壁の張替え時期に関する疑問の答えを知ることができるのではないでしょうか。

外壁に寿命が来たら張替えの時期

外壁にも寿命があります。その寿命を迎える前に張替えを行うことで建物の寿命を延ばすことができます。屋根同様外壁にも張替えの時期がやってくるのです。

冒頭でもお話ししましたが、他の建材同様外壁も時間の経過とともに徐々に劣化し、張替えが必要な時期も来ます。そしてその時期が近付くと外壁も張替えを検討する必要があるような様々な不具合が生じてくるのです。その原因は塗装なのか外壁そのものなのかを判断し、張替え時期なのか塗り替えで十分なのかを判断する必要に迫られます。その判断は外壁の張替えなどを手掛ける専門業者に任せるというのも手ですが、自分でもある程度時期を知ることができます。なので、自分でも外壁の張替え時期の目安が分かることは良い業者の判断や自分の好みのリフォームを選べるようになるのです。外壁に寿命が来たら張替えの時期ですが、その成功をおさめるためのお話を次の項目から具体的にしていきます。

外壁張替えの最適時期はいつ?目安を紹介

外壁の張替えの最適時期はいつなのでしょうか。その目安を紹介していきます。基本的な目安として10年、外壁表面、室内の状態を見ることで外壁張替えの最適時期を知ることができます。

まず10年ですが、基本的に新築後10年すると環境や外壁材にもよりますが、何かしらの変化が現れてきます。多くの場合は張替え時期に至ることはないのですが、環境によっては外壁塗装など何かしらのリフォームが必要になる場合もあります。このくらいの時期を見計らって一度自分でも外壁の状態を確認するのがおすすめです。ぐるっと家の周りを回るだけでも外壁塗装の退色、外壁材のさび、カビや苔が蒸していることもあります。こういった場合は何かしらのメンテナンスを依頼する時期です。

また、非常にまれですが室内壁の腐食なども見られることがあり、そうなった場合は張替え時期を計画する必要があります。このように建てて10年以降は時々外壁のチェックや室内の様子を見ることが大切です。早めの対処は張替え時期をずらすことができるなどメリットも多いと言えます。

季節も重要?外壁張替えに最適な施工時期はあるの?

季節も重要?外壁張替えに最適な施工時期はあるの?

外壁の張替え時期はタイミングも重要ですが、外壁を張り替える施行時期、つまり季節も重要なポイントです。実際には外壁張替えの施行時期は季節はいつ頃が良いのでしょうか。そのことについて説明していきます。

結論から言うと外壁の張替えに適した季節は雪国の冬場以外はいつでも適しています。つまり、いつでも問題ないです。屋根とは異なり外壁張替えの施行時期は余程の荒天でない限り季節の影響を受けにくいと言われています。そのため、地域にもよりますが、こちらの都合である程度外壁張替えの施行時期を選べるということです。これは屋根の張替えや外壁の塗装にはない特徴と言えます。ただ、雪国のように積雪がある場合は施工の遅延が多く発生したり、雪解けの水で使用が出るなど行いにくいという例外はあります。

外壁張替えの時期までに用意したい!かかる費用額とは?

外壁張替えはいつの時期に施工しても大きな費用が必要になります。リフォームでも特に大規模な工事が必要になるからです。では具体的な目安として外壁張替えにはどのくらいの費用がかかるのか、その時期までにいくら用意する必要があるのかという疑問について目安となる回答をお話しします。

外壁張替えの費用は当然ながら外壁の塗装工事よりも費用がかかります。そのため外壁の張替え時期が来たら相当の費用を用意する必要があります。目安としては、外壁材の平米単価に大きく左右されますが、総額で100万円~200万円程度かかることが多いです。張替え時期までにそのくらいの費用を用意する必要があります。まとまったお金が必要なので、時期が来るまでにある程度費用の用意などを計画しておく必要があるのです。

DIYで何とかしようとするのは危険!外壁張替え時期にしがちなこと

外壁の張替え時期までにたくさんの費用が必要になります。そのため、その費用を用意するのが大変であったり、もったいなかったりすることや屋根と異なり自分の手が届く場所であるということから、器用な方は自分で行おうと考える方も少なくありません。しかし外壁の張替えを自分で行うのはあまり望ましいことではないのです。

最近DIYが流行っており、ホームセンターの特売やテレビでも取り上げられています。なので外壁の張替え時期が来たら自分でやってみようと考える人がいます。確かに外壁材によってはコツをつかめば自分でもはがせてしまいますし、張替えも時期を選べば何とか出来てしまうこともあります。しかし、多くの場合少ない人員、未経験、そしてノウハウが全くないので、失敗することがほとんどです。失敗するとその家の外壁の劣化時期が早まったり、建物にダメージを与えて、修繕費が非常に高くなるリスクがあります。こういったリスクを負うより張替え時期に専門家に依頼した方がはるかに確実で美しく仕上げてくれます。

外壁張替えの時期に専門家を選ぶポイントは?

外壁張替えの時期に専門家を選ぶポイントは?

DIYよりも時期が来たら専門家に依頼した方が確実です。しかし専門家、いわゆる外壁の張替え業者にも様々な技術レベルの外壁張替え業者がいます。その中から外壁の張替え時期が来た時最適の専門家を選ぶポイントは何でしょうか。

それは知識や経験が豊富な業者、自社独自開発と言わない業者です。経験が豊富な業者を選ぶコツはこちらからいろいろ質問することです。外壁の張替え時期に工程、材料、その材料を外壁の張替えに使う理由と言った質問です。外壁の張替えになれている業者であればなぜその時期に行い、工程はこういった流れで、この理由で外壁材を選んだとスムーズに回答してくれます。

自社独自開発などオリジナルな製品を売りにしている業者も外壁の張替え業者として選ばない方が良いです。そういった製品はコストを下げて品質を落としていたり、大手の建材メーカーよりも質の低いものが多いからです。価格を売りにしているものもありますが、長い目で見れば劣化する時期がかなり早いです。この二点を押さえつつ、相見積もり、工程写真を送ってもらうといった依頼をすると良いです。

外壁張替えの時期に相見積もりを取るメリット

前の項目で良い外壁張替え業者の選び方に相見積もりをとることの大切さをお話ししました。具体的にどのようなメリットがあるのか外壁張替え時期なども考慮したメリットについてお話しします。

相見積もりを取ることのメリットとして、単純に価格の比較ではなく、外壁張替えの外壁材の選択はどんなものかと言った内容の比較もできます。また施工を行う時期をそれぞれから聞くことができるので外壁張替えの施行時期がいつ頃なのかと言った比較もできます。これは業者によって予定が異なるため施行時期がそれぞれ異なるので、こちらの都合になるべくあった業者を選ぶことができるというメリットが相見積もりで可能となります。このように単に施工にかかる価格を比較するだけではなく、見積もりをきっかけに張替えの施工予定時期や使用する材料の比較も行えるのです。

外壁張替えの時期が来た時のポイントは?

外壁張替えの時期が来た時のポイントがあります。それはこれまでお話ししてきたものを整理して行動していくということです。

まず、張替えの時期を知る手段として外壁の様子を見て異常があったり、室内が湿っぽい印象があったら、早い時期に外壁の張替え業者にチェックを受けます。もし外壁の張替えが必要であったら、相見積もりを行い金額の他、施行時期の確認や外壁材の内容をチェックします。張替えにふさわしい時期は雪国などの例外を除きオールシーズン問題なく行えますから、こちらの都合に合わせて施行してもらうのがおすすめです。

このようにセルフチェック、プロの外壁診断、そして相見積もりを行い、こちらの都合の良い時期に施行してもらう。これらのポイントを押さえることで外壁張替えを成功に導くことができる可能性が高まります。

まとめ

外壁の張替え時期は、いつごろか迷うことも少なくありません。しかし、どんな家であっても築10年ごろからなにかしらのほころびが出てきますので張替えとまではいかなくとも外壁のチェックを受ける時期です。それ以降も定期的にチェックを受けて外壁のメンテナンスを行えば張替え時期は先延ばしすることも可能です。このような点を押さえて外壁の張替え時期が来たら早めにプロのチェックを受けて適切な時期に外壁張替えできれば理想的なリフォームではないでしょうか。

横浜・川崎市の外壁・屋根のリフォーム実績1万件!業界最安値にも挑戦中!

横浜・川崎市密着のペイント市場では、戸建の外壁・屋根のリフォーム相談会を行なっております。是非、お気軽のご相談下さいませ。一級建築士を含む経験豊富なスタッフが丁寧にご対応致します。

リフォームのお問い合わせ

関連記事