外壁塗装を行う時期っていつが良いの?時期ごとのまとめ

2019年2月7日
ペイント市場 外壁リフォーム情報
外壁塗装を行う時期っていつが良いの?時期ごとのまとめ

外装塗装を行う時期というといつ頃が良いのか迷うことも多いと思います。外壁の塗装を思い立っても時期というものがあり、施工業者さんの都合や近隣のことを考える必要がある場合も少なくないからです。さらに塗装を外壁に塗るという一見シンプルに見える工事でも季節や時期によって向き不向きがあり、奥深い一面を持っています。このような外壁塗装、できればお願いする時期もベストなタイミングで行いたいですよね。今回、この外壁塗装の時期について特に特徴のある季節に絞ってお話しします。

外壁塗装の時期:夏(7月)

7月の時期の外壁塗装は、あまり適さないこともあります。その理由に梅雨が挙げられ、この時期の梅雨によって外壁塗装の作業工程に支障を与えて工期を遅らせたり、連日の雨が施工直後の外壁の塗装にダメージを与えたり、工期の遅れや仕上がりにネガティブな影響を与える時期といえるのです。

逆に7月後半の時期になると梅雨明けで非常に爽やかな天気が続き、外壁塗装には適した時期になるのですが、夏季休暇前の駆け込みの需要が高まり、外壁塗装業者さんの忙しい時期へと一転します。前半は、梅雨で外壁塗装に適さない時期であり、後半は急な需要増で外壁塗装業者さんに依頼がしにくい時期になるという特徴があります。いずれにしても梅雨明けの時期に振り回される特徴があるのです。

外壁塗装の時期:夏(8月)

8月の外装塗装ですが、時期としては注文を受けてもらうことが容易な月でもあります。夏季休暇に入るところが多いため、自宅を留守にする時期でもあり何となく家を留守にした状態で外壁塗装をお願いするのは抵抗があったり、素人が考えても外壁塗装がうまくいない時期(変に早く乾きすぎるなど)でもあるため注文が非常に少ない月なのです。しかも時期によっては窓が開けられない、外壁塗装の工程によってはエアコンすら使えないため非常に生活しにくくなるなどデメリットが目立つ季節でもあるのです。

暑すぎるために外壁塗装の業者さんも作業を休止したりすることも少なくなく、予定していた完成時期もずれ込む場合も少なくないという点もあります。外壁塗装の注文が通りやすい時期なのですが、施行時期が伸びたり仕上がりにムラができる可能性があるなどデメリットの多い時期といえます。

外壁塗装の時期:秋(9月)

外壁塗装の時期:秋(9月)

9月の注文も比較的通りやすいです。8月よりは気候も良くなり外壁塗装の時期としてはよさそうに見えますが、この時期は台風が頻繁に到来する時期でもあり外壁塗装の工程も遅れがちになります。また、台風の風雨は施工途中の外壁塗装にも悪影響を与える場合も少なくないため仕上がりを良くする意味でも時期としてはあまり適した月では言えないのです。外壁塗装は時期的に真夏よりも良いですが、台風の影響を受けやすい時期でもあり外壁の塗装業者さんも危険を伴う等お互いにとって良い条件ではありません。

それでも地域によっては台風の影響を受けにくい地域(北海道や東北など)で台風が少ない年であれば外壁塗装を行うにはむしろ適した時期になる可能性もあります。このように外壁塗装の時期としては真夏よりは良いものの台風の影響を考慮しなければいけないのが9月です。

外壁塗装の時期:秋(10月)

いままで適さない時期をお話ししてきましたが、10月は全国的に外壁塗装を行う時期として理想的な月です。外壁の塗装も適度によく乾く時期でもありますし、外壁塗装業者さんも気候が安定していることから作業もはかどる時期で、更に台風も少ないため外壁の塗装工程の遅延も少ない時期といえます。このように外壁塗装を行うにはいいことずくめの時期ではあるものの、多くの方はこの情報を良く知っており、外壁塗装業者さんの繁忙期でもある時期です。

なので、予約がまず取れないことがデメリットであり、万が一悪質な外壁塗装業者にあたってしまった場合、繁忙期の時期ということで工期重視のいい加減な施工をされてしまうという危険性もないわけではありません。外壁塗装に理想的な時期ですが、そういった点で注意しなければいけない時期でもあります。

外壁塗装の時期:冬

エリアによって冬の時期が異なるため、大まかに一括して外壁塗装のお話しをしていきます。冬の時期は降雪のある地域では外壁塗装の作業ができないため受注を受けてもらえない可能性もありますし、行ったとしてもかなりの難工事になることがある場合も考えられ、外壁塗装の工期が大幅に遅れることも少なくありません。反対に降雪のない地域にとっては秋に近い位外壁塗装に適した時期と言え、適度な乾燥と晴れの日が多く天気が安定している時期のため外壁を塗装するには適した時期といえます。しかも外壁塗装業者さんの閑散期の時期になることも多いため、意外な割引を受けられる可能性もあります。

ただ、正月休みで動けない時期あったり、別の工事の対応で忙しい場合だったりすることもあるためエリアや業者さんによっては必ずしもベストな時期ではないかもしれません。

外壁塗装の時期:春

春は全国的に空気が乾燥しているので、外壁塗装を行うとしっかりとした施工になりやすい時期でもあります。つまり、外壁の塗装を行う時期としてはベストな季節といえます。湿度も安定しており、晴天も多く外壁塗装の施工が進みやすい時期なので、いわゆる繁忙期となり早めに動かないと予約が取れません。

ただ、どんな時期であってもメリット、デメリットはあり、外壁塗装業者さんの繁忙期というデメリットの他、意外な盲点が「花粉」です。この時期に飛ぶ花粉自体は外壁塗装に深刻な影響を与えることは少ない(山際など掃くほど花粉が来る場合は別です)のですが、作業をする外壁塗装業者さんに花粉症の方がいる場合は作業に支障が出やすい時期でもあるのです。シーズン的にはベストですが、そういったデメリットもあります。

まとめ

全国的なベストシーズンは秋の中頃や春といえますが、外壁塗装業者さんの繁忙な時期となります。このような時期は外壁塗装の仕上がりが良いことが多いのですが、予約が取れない時期でもあります。逆に閑散期は外壁塗装に適さない時期であったり、外壁塗装の工期が遅れがちになる時期でもあるのですが、意外な割引を受けたり、すぐに外壁塗装の施工に着手してもらえる時期でもあります。このように時期によって特徴があるのです。

横浜・川崎市の外壁・屋根のリフォーム実績1万件!業界最安値にも挑戦中!

横浜・川崎市密着のペイント市場では、戸建の外壁・屋根のリフォーム相談会を行なっております。是非、お気軽のご相談下さいませ。一級建築士を含む経験豊富なスタッフが丁寧にご対応致します。

リフォームのお問い合わせ